ホンダ、二輪生産3割増2000万台 アジア軸に増強
13年度までに600億円投資

 ホンダは2013年度に二輪車の世界生産台数を今年度比3割増の2000万台に引き上げる。同社は世界2位市場のインドで、現地企業との合弁事業を11年3月に解消した。単独で新工場を建設中のインドのほか、ベトナムなどアジアを中心に生産能力を増強する。過去最高だった10年度の1811万台を大幅に上回る生産体制を構築する。12〜13年度に計約600億円を投資する計画だ。

 インドでは建設中の第3工場と既存の第2工場の増強で、年産能力を現在の2倍以上の460万台に引き上げる。

 第3工場は現在、全額出資子会社を通じ、インド南部のカルナータカ州に建設している。13年前半に稼働する同工場では当初年産120万台を予定していたが、需要増を見越して新ラインを追加する。年産能力は180万台となり、世界最大規模の二輪車工場となる。

 先進国向けの製品でも海外工場での生産を増やす。タイでは大排気量の車種の生産を始める。同国では10年に排気量250ccの世界戦略車「CBR250R」の生産を始めた。さらに日本でのみ生産してきた先進国向けの500cc級の車種もタイに生産を移管する。

 生産能力を現在の1.5倍となる300万台に増やすベトナムでは、低排気量の世界戦略車を生産する。急激な円高が進む中、二輪を生産している熊本製作所(熊本県大津町)は趣味性が強い中・大型車種専門の拠点と位置付ける。

 10年の二輪車世界販売台数は前年比10%増の5420万台程度で、ホンダのシェアは約33%だった。インドのヒーローグループと合弁を解消したことで540万台の生産能力がなくなったため、11年は20%強に落ちこんだとみられる。積極的な増産投資に踏み切ることで、早期に合弁解消前の水準まで戻したい考え。  世界シェア2位のヤマハ発動機も15年までに生産台数を1000万台と09年比の1.5倍に増やす計画を立てている。新興国でのシェア争いが一段と激しくなりそうだ。

nikkei.com (2012-01-08)