今年は暖冬の見込み 気象庁予報、
エルニーニョが影響

 気象庁は24日、10〜12月の3カ月予報を発表した。6月から続く「エルニーニョ現象」の影響で全国的に気温は平年より高くなるが、降水量はおおむね平年並みの見込み。

 同庁によると、ペルー沖の海面水温が高くなるエルニーニョ現象が発生しているため上空の大気の流れが変わり、秋から冬にかけて勢力を増すシベリア高気圧が日本付近に南下しづらくなっている。このため、気温は3カ月を通じて全国的に平年より高くなり、11〜12月は、北日本から東日本にかけての日本海側で降水量が平年より少なくなる見通し。

 同庁は今冬(12月〜来年2月)の天候見通しもあわせて発表。期間中は東日本と西日本で気温が平年より高く、北日本から西日本にかけての日本海側で降水量が平年より少なくなりそう。同庁は「ペルー沖の海面水温が依然として高く、エルニーニョ現象は冬まで続く見込み。今年は暖かい冬になりそう」と予想している。

nikkei.co.jp(2009-09-24)