「スキー同好会オープニングミーティング」に参加
  ===スイス・スキー企画に夢がふくらむ===

 EG-OBスキー同好会の2003年度オープニング・ミーティングが11月29日、川越プリンスホテル”カトレア”で開催された。新会員を含めて32名の会員のうち20名以上が参加する。会員のうち1/3はEG及び工機に在籍経験のないホンダ倶楽部会員の方である。従って、EG-OB同好会がベースであるが、ホンダOBのためのスキー同好会といっても過言ではない。会の愛称も「WSA」すなわち「World Ski Academy」と世界を意識している。もう決まったことであるが、Honda(-OB) World Ski AcademyとHonda(-OB)をつけた方が多くの方に分りやすいのではないかと思った。
 来るシーズンのビッグイベントはスイス・スキー企画である。

 体が自由自在に動く間に(何時、身体不完全になるか分らない)、長年夢と考えていた世界のベストスキー場で滑りたい。これ以上幸せなスキー人生はないと思えるようにしたい。・・・などがベースの考えとしてある。
 先のシーズンは”北米のベスト・スキー場で滑ろう”ということでカナダのウィスラーに出かけた。今回は”ヨーロッパのベスト・スキー場で滑ろう”ということでスイスということになった。

 今回のスイス・スキー企画立案のベースを作られたのは、Egobnet会員でもある加島さん。6月にスイスに行かれて下調べを行い、以後、現地の観光案内所の女性担当者と30回以上もメールをやり取りして企画をまとめられた。

 企画を一口言葉で表現すると、
 「スイスの”ピカ一”のスキー場で”1週間”遊んで費用が”20万円”」
 というもの。”素晴らしい!”の一言。特に、出かけるに当たって、奥様方の承諾を得るとき、”20万円”・・・これが決め手である。

 参加者を確認すると24名+α。ほとんどの方が参加する結果となる。企画のもつ力は絶大である。商品なら大ヒット間違いなし。加島さんをはじめ幹事団の皆さん、企画”有難う御座いました”。
 スイスから帰って来てもう一度、”有難う御座いました”とぜひ言いたい。

記:大澤 敏夫(2002-12-09)