マクラーレン、ホンダのエンジン使ったF1新型車発表

 【ロンドン=共同】自動車レースのF1に今年から復帰するホンダがエンジンを提供するマクラーレンが29日、2015年型マシンの「MP4―30」をチームの公式サイトで発表した。車体は黒と銀を基調とし、前方に赤を施したデザイン。ドライバーはともに総合優勝の経験があるフェルナンド・アロンソ(スペイン)とジェンソン・バトン(英国)が務める。

 ホンダのF1総責任者の新井康久氏は「ホンダにとっても私にとっても、とてもわくわくする1日。どのようなパフォーマンスを発揮するのか楽しみにしている」とコメントした。


《追記-1》
☆本田技研工業情報 「McLaren‐Honda 新型マシン「MP4‐30」を発表」ここをクリック

《追記-2》
☆本田技研工業情報 「発表された新型マシンの映像のほか、主要スペックや写真を掲載」ここをクリック

nikkei.com(2015-01-30)