【ギリシャ神話】パンドラの壷

 『パンドラの壷を開けてしまったら、世の中の様々な悪が飛び出し、慌てて蓋を閉めたので最後にはかろうじて、その壷の中に希望が残って、人々はそれを頼りに生きていくことができた。』という有名なお話である。パンドラは女性の人の名前、どうしてそんな壷を持ってきたのか? 又その後どうなったのか?

 パンドラというのは世の中に初めて与えられた女性と言われている。それまでは男性しかいなかった。なんでパンドラは世の中に与えられたのか。与えたのは最高神ゼウスで、泥をこねて美しい女性を作った。パンドラとは、パン=全ての、ドラ=贈り物という意味である。

 そして、エピメテウスという一人の男にこの女性を贈った。エピメテウスは二人兄弟の弟で、兄をプロメテウスと言った。プロメテウスとは「初めに知る」という意味で、エピメテウスは「後から知る」という意味だった。名前の通り、兄は何でもお見通しの頭のよい人物で、ゼウスでも知らないことをいっぱい知っていた。

 プロメテウスは人類にとっては大変に恩のある方で、人類に火を与えたのは彼だと言われている。その他、様々な知恵や技術を人類に伝えてくれた。ゼウスは人の味方をし、才知に鼻をかけて好き放題するプロメテウスが好きではなかった。そのため、プロメテウスが味方する人類を懲らしめるためにパンドラを贈ったという説もある。

 パンドラを贈られたエピメテウスは、生まれて初めて見る美しい女性を怪しがらなかった。ゼウスからの贈り物だと聞いても警戒しなかった。なぜなら彼は「後から知る」人であったからだ。そして、エピメテウスはパンドラを妻とし、すっかり彼女の虜になってしまった。

 パンドラはエピメテウスの所へ来た時に、ひとつの壷を持ってきていた。ゼウスからはこの蓋は絶対に開けてはいけないと釘をさされていたが、開けちゃいけないと言われれば、開けずにいられない、という十分に計算づくだったのだろう。

 そして、パンドラはその壷の蓋を開けてしまった。そうしたら、なんとか最後に「希望」だけを壷の中にとどめることができ、そのおかげで人は世の中の様々な悪に立ち向かいながらも希望を頼りに生きていけるのである。

 パンドラの壷にも諸説があるようで、写真は壷ではなく「箱」である。
 さて、この後、パンドラはどうなったのか。幸せに余生を送ったようで、エピメテウスとの間に一子をもうけている。この子はピュラという女の子で、大きくなってプロメテウスの息子、デウカリオンと結婚した。いとこ同士の結婚である。

 デウカリオンとピュラの夫婦は、大洪水の来ることを予測し、大きな船を作ってこの難を逃れた。ノアの箱舟のような話だが、こういった大洪水の伝説というのは世界各地に多く残っているようで、本当にそんなことがあったのかもしれない。

 そして、たどり着いた新たなる大地で子孫を増やしていった。このデウカリオンとピュラの子供、ヘレンがギリシャ民族の祖先とされており、ギリシャを意味するヘラス(Hellas)の語源となっている。

 人類の祖先はパンドラとエピメテウス、そしてプロメテウスにたどり着くが、人類にはエピメテウスの血が濃いようだ。なぜなら、「後から知る」ことばかりが多いからだ。

記:木田橋 義之(2005-04-07)