ダイヤルQ2

 パソコンに関連する失敗談・体験談などの情報交換をしていると、学生時代の友人から次のような情報が届いたので紹介する。
 先日、民放のテレビで報道していたが、高い料金を請求されて身に若干の覚えのある方、気の弱い方など支払っている方もおられるようだ。そういうちょっとした人間の弱みを突く寄生虫のような商売が成り立っているようだ。

 「今年になってダイアルQ2から1ケ月約10万円ぐらいの法外な利用料金を請求されました。Q2を意識的に使ったおぼえはないのですが、あるアイコンに触るとパソコンで記憶されて、プロバイダーにかけるつもりの電話がダイアルQ2につながって、通信の関係がすべてここを通ることになるのだそうです。

 プロバイダーのOCNの利用料金に表示が出なくなったので、おかしいと思っていろいろ調べていたら、ある日NTTから請求書が来てびっくりしたというわけです。結局NTTに支払い拒否の手続きをしたのと、NTTでQ2につながらないような処置をしてもらいました。しかし、情報料と称する料金は払わずにすんだものの、いわゆる電話代は払わされました。プロバイダーのOCNでは手のうちようがないと言うし、なんとも割り切れない経験でした。」

記:大澤 敏夫(2001-5-26)